医師に相談する|5大疾病のうつ病かと思ったら心療内科で診断してもらおう

5大疾病のうつ病かと思ったら心療内科で診断してもらおう

婦人

医師に相談する

ドクター

もしも家族や周りの人がうつ病と診断された場合には、行動やかかわり方などを考えすぎてしまい、ぎこちなくなる人がほとんどです。自分と接することで病気の人を傷つけてしまうかもしれないと思い、避けてしまう人もいると思います。しかし、気にしすぎていつもと違う接し方だとうつ病の人にも伝わってしまいます。うつ病の人に言うと傷つける言葉もありますのでうつ病と診断される人がどんな人なのか、どのような症状なのかということをまずは理解しましょう。理解をしたうえで普段通りに接するようにしましょう。

うつ病と診断されても症状を改善できずに悪化させてしまうと、自殺にまで追い込まれてしまう人も少なくはありません。もし自殺をするような雰囲気を出していることに気が付けば責めずに落ち着いて対応しましょう。なるべく1人にせず、不安を感じないようにすることで最悪な事態は起こらないでしょう。どのように接したらいいのか分からない場合には、担当医師や診療内科の医師と連絡を取り対応の仕方を教えてもらいましょう。

家族や周囲のサポートは病気の理解を深めることが大事です。理解して接すると、うつ病と診断された人も落ち着いて回復に向かいます。もしもうつ病の人の様子がおかしい時や、分からないことがあれば些細なことでも担当医師に相談しましょう。また、家族は通院に付き合うようにし担当の医師との情報を共有しましょう。正しい理解と医師の治療法でうつ病の人の症状に合わせたサポートができ、回復が早くなる可能性が高まります。