薬の効果と副作用|5大疾病のうつ病かと思ったら心療内科で診断してもらおう

5大疾病のうつ病かと思ったら心療内科で診断してもらおう

婦人

薬の効果と副作用

悩むメンズ

病院で「うつ病」と診断された人は、その人の症状に合わせて治療薬を使用する場合もあります。うつ病の発症原因はそれぞれですが、発症した人の脳の中では脳内神経物物質のバランスが非常に悪くなっている状態が確認できます。そのため、心の問題だけだと一概には言えません。
うつ病と診断された人の治療方法は、基本的に薬を使用します。薬を服用することにより気分の落ち込みを抑える効果が得られます。薬にはいくつか種類があります。その患者の症状に合わせたものを担当医師が決めてくれます。しかし、うつ病は薬を出さたのできちんと服用していれば1週間ほどで治るものではありません。個人差はありますが、その薬の効果が出てくるのが4週間から6週間ほどかかります。このことをきちんと理解していないと薬を飲むことをやめてしまい、症状は悪化するばかりです。薬を服用する人だけでなく、家族や周りの人がサポートをしながら薬をきちんと服用させるようにしましょう。

やはり薬には副作用があります。うつ病の薬にある副作用は、眠気やだるさ、便秘、吐き気、下痢などの症状が多いです。副作用が出始めるのは服用から1週間以内には出始めます。効果が出るのに時間がかかるうえに副作用が強く出てしまうと、薬も続けられなくなってしまいます。副作用をいかに乗り越えるかということも大事ですが、あまりにも副作用が強ければ服用する薬の種類を変えてもらいましょう。
薬を提供する意思は、その人の状態などを確認して治療の計画を立てています。その計画通りに進めばうつ病と診断された時から改善するまで通常3ヵ月から6ヵ月ほどで治ります。しかし、定期的な通院や薬をきちんと飲まなかったり、飲むことをやめてしまったりなどの乱れがあると治療計画も乱れ、改善も遅れます。家族やサポートしている人もきちんとそのことを頭にいれて、薬を飲んでいない日があったり、うつ病の人の様子に変化があったりすれば必ず担当の医師に相談するようにしましょう。うつ病と診断されてから薬の治療を始めたら担当医師との情報交換をきちんとしましょう。